このサイトでは、英語力や高校生の時の学力に自信がない人でも海外の大学に入学できるという、パスウェイ留学の仕組みについてご紹介しています。
パスウェイプログラムを利用した場合に海外のどこの国で学べるのかやこの方法を使った留学のメリット、またどのような人がこの方法での留学が向いているのかといった、知っておきたい情報を扱っています。
さらにパスウェイプログラムの情報を集める方法も解説しているので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

誰でも海外の大学に入学できる?!パスウェイ留学の仕組みを紹介!

誰でも海外の大学に入学できる?!パスウェイ留学の仕組みを紹介! パスウェイ留学は、出願時にはまだ入学基準の英語力が身についていなかったとしても、プログラムを履修して一定の成績を収めることを条件に合格の内定を貰うことができるという仕組みです。
英語力だけでなく高校卒業時の成績に関してもプログラム修了時に基準をクリアしていれば入学ができる場合もあります。
1年生時はパスウェイプログラムを利用して、通常の大学生と同じ科目を勉強しつつ英語も勉強するようになっています。
そして2年生からは大学に編入するという仕組みです。
このようなパスウェイ留学を活用すれば、学びたい意欲があり修了時に基準をクリアできれば、誰でもアメリカやイギリス、カナダなどの大学で学ぶチャンスを掴むことができます。

英語力が足りなくてもパスウェイ留学はできるのか

英語力が足りなくてもパスウェイ留学はできるのか 海外に留学をするにはある程度の英語力が必要と思われがちですが、資格取得が目的のパスウェイ留学なら私立のパスウェイプログラムのある学校か大学付属の学校、または語学学校に入学することができます。
ただし、それには一定の条件を満たす必要があります。
その条件とは、入学基準の英語力に満たない場合でも、パスウェイプログラムの授業を受けて定められた成績を修めることです。
また、最終学歴の成績が入学したい大学の基準に満たなくても、パスウェイプログラムを受けて成績の基準を満たせば入学できるというチャンスがあります。
パスウェイプログラムを受けることになった場合、1年間のカリキュラムが組まれますが、最終的に成績をクリアした場合はそのまま2年生への編入が可能です。
イギリスやオーストラリアなどの世界でもトップレベルの大学の場合はそれができない可能性もありますが、ほとんどの場合は2年生に編入できる仕組みになっています。
このようなチャンスがあるので、英語力が少し不足していてもパスウェイ留学なら海外の大学に入学しやすいです。
パスウェイプログラムが用意されている大学があるのは、アメリカやイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどです。

パスウェイ留学についてはコチラもチェック

パスウェイ留学

新着情報

◎2020/09/15

サイト公開しました

「留学 仕組み」
に関連するツイート
Twitter